メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

ダウン症のあるこどもたちのためのメガネ 「アンファンバディ ティーンズ」を3/19に販売開始!

アンファンバディ ティーンズ
アンファンバディ ティーンズ

~Buddy Walk(R) Tokyo2022 for all-歩み続ける道に小さな種をまこう- 

 

3月19日開催のオンラインイベントにて紹介~【記事提供:@Press】

このたび販売する「アンファンバディ ティーンズ」は、「ひとりひとりの個性を大切に」というコンセプトを基に、長年にわたりこども用メガネの開発に取り組んできたアンファンのノウハウと、ダウン症への理解を促進するための活動を行うNPO法人アクセプションズの全面協力により開発した、ダウン症のあるこどもたちのためのメガネ「アンファンバディ」のティーンズ向けの新商品です。

「アンファンバディ ジュニア」ではテンプルの左右非対称の色や隠しマークでその思いを表現。今回の「アンファンバディ ティーンズ」では「アンファンバディ ジュニア」を卒業し、大人のメガネのようなデザインが欲しい中高生の思いをグッと大人っぽく表現したメガネになっています。

 

 

◆商品概要

【商品名】  アンファンバディ ティーンズ

【種類】   2型各4色 全8種類

【発売日】  2022年3月19日(土)

【価格】   24,750円(税込)

【取扱店舗】 こどもメガネ アンファン、オグラ眼鏡店の32店舗

       (SPECS各店舗、オグラ眼鏡店の一部店舗は除く)

 

●ズレにくく、活動しやすい設計

・ダウン症のあるお子様のお鼻の位置、高さに配慮した鼻パッドを採用。調整範囲が広く、鼻パッド足を調節することで最適ポジションにできます。

 

●EFBD-003 (サイズ:49□15 天地幅36mm)

 

EFBD-003 C-11(シャイニーピンク) 
EFBD-003 C-11(シャイニーピンク) 

優しい印象のフルリム。やや深めながらマスク時代には大きすぎず程よいサイズ感です。おしゃれなメガネをかけたくなったお嬢様にぴったり。特にカラー11はお子様のフレームではあまり使わない電着で仕上げたピンクゴールドが上品で小柄な大人の女性にもおすすめです。

EFBD-003 全4種
EFBD-003 全4種

品番(フレームカラー):左上から順に

C-11(シャイニーピンク)、C-12(マットピンク)

C-13(シャイニーブラック)、C-14(マットブラウン)

 

●EFBD-004 (サイズ:49□15 天地幅30mm)カラーバリエーション:4色

 

EFBD-004 C-23(シャイニーガンメタル)
EFBD-004 C-23(シャイニーガンメタル)

すっきりとしたスクエア型のフルリム。シャープな印象です。フロントカラーのハーフ&ハーフは見分けがつかないくらいさりげないですが、ダウン症のある男性は面長になる特徴に合わせてバランスをとっています。テンプル裏は左右で色を変え、大人と少年の狭間のシャイな心を表現しています。テンプル裏側のカラーリングは片側にのみ色を添えて、目を引くデザインに仕上げています。

EFBD-004 全4種
EFBD-004 全4種

品番(フレームカラー):左上から順に

C-21(マットブラック)、C-22(マットブラウン)

C-23(シャイニーガンメタル)、C-24(マットネイビー)

 

 

◆Buddy Walk(R) Tokyo2022 for all-歩み続ける道に小さな種をまこう-オンラインイベント開催

3月19日(土)にはNPO法人SUPLIFE YouTubeチャンネルにてオンラインイベントが開催されます。イベントではNPO法人アクセプションズ代表の古市氏に「アンファンバディ ティーンズ」についてご紹介していただきます。

 

<イベント開催概要>

生ライブ配信@代々木公園ケヤキ並木通り

生配信日時: 2022年3月19日(土) 13時~15時頃(延長最大16時まで)

       NPO法人SUPLIFE YouTubeチャンネルにて配信

       https://www.youtube.com/channel/UCxeecCWsQz8DEuhadRenWZg/featured

配信会場 : 代々木公園ケヤキ並木通り

主催   : NPO法人SUPLIFE

協力   : NPO法人アクセプションズ

 

Buddy Walk(R) Tokyo2022 for all
Buddy Walk(R) Tokyo2022 for all

【Buddy Walk(R)とは】

本商品名の由来となった「Buddy Walk(R)」とは、誰もが参加できる1マイル(約1.6km)の行進で、ダウン症のあるこどもたち同士や親同士はもちろん、そうでない人ともふれあい、ダウン症の特性や能力を正しく理解してもらうことを目的とした、あらゆる方が参加可能なチャリティーイベントです。NDSS(全米ダウン症協会)により1995年10月に「ダウン症啓発月間」の一環としてニューヨークで始められました。ダウン症への理解と受容(acceptance)、社会的な平等(inclusion)を促進することが目的です。日本では2012年に東京で初めて実施後、全国各地で毎年開催されています。

こどもメガネアンファンは第1回の開催時より、継続して本イベントをサポートしています。

 

 

【NPO法人アクセプションズ】

ダウン症を持った人々やその家族が差別なく健やかに暮らせる地域社会づくりへの寄与を目的として2012年に設立。日本で初めてNY発祥の「Buddy Walk(R)」を東京渋谷で開催し2020年の第8回目までを主催。各種イベントや企業団体とのコラボレーションによってダウン症のある人の魅力を発信しています。

https://acceptions.org/

外部リンク

ダウン症のあるこどもたちのためのメガネ 「アンファンバディ ティーンズ」を3/19に販売開始!

https://www.atpress.ne.jp/news/302033