メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

超音波洗浄器の需要が急増

超音波洗浄器 SWT710 価格オープン
超音波洗浄器 SWT710 価格オープン

【シチズン時計 NEWS LETTER】 コロナ禍による衛生意識の高まりで2020年度出荷は前年比5割増!【記事提供:PR TIMES】

  • 超音波洗浄器の人気モデル『SWT710』の出荷が昨年より急増

 コロナ禍での衛生意識の高まりに伴い、超音波洗浄器の需要が増えています。
 シチズンは1997年から、時計のバンドやメガネを洗浄できる超音波洗浄器を販売しています。2015年末に発売した『SWT710』は出荷ベースで2019年度まで毎年約1割増で売上げを伸ばしている人気モデルでしたが、2020年の3月から需要が急増し2020年度の売上は前年比5割増に拡大しました。コロナ禍も重なり身に着けるものを洗い、清潔に保ちたいというのがトレンドになっているのかもしれません。

  • メガネ店などから各家庭へ、意外な使用用途も

 超音波洗浄器というと、メガネ店に置いてあるイメージがあると思います。近年は、時計やメガネ、アクセサリーなど身近な物を洗浄できるということで各家庭への普及が進んでいます。そこへコロナ禍によるステイホームも重なり、部屋や身近にあるものを清潔に保ちたいという需要からか、よりニーズが高まっています。
 使用用途は腕時計バンドはもちろん、アクセサリー等の貴金属類、メガネ、プラスチック類、ガラス類、陶器類などを洗浄できます。近年では入れ歯やマウスピース、歯ブラシなどのオーラルケアやベビー用品の洗浄、ネイル道具の洗浄にも使用されています。また、ユニークな用途として、複雑な形状の細部の汚れが落ちるということでプラモデルを作る際、塗装前にパーツの汚れ落としとしても使われているようです。巣ごもり需要や生活様式の変化とも相まって、より使用用途に拡がりがみられます。

 

  • 超音波洗浄の仕組み

 

 超音波の振動で、水中に目に見えない細かい気泡(キャピテーション)が無数に発生します。その気泡のはじける瞬間にでる衝撃波が手の届かない微細なすき間の汚れを粉砕して、布やブラシ、水流では落ちない汚れをスッキリ取り除きます。

 


※時計バンド洗浄例(一例です。全てこのように落ちるとは限りません)
 つなぎ目の隙間などの細かい汚れを洗浄できます

洗浄後
洗浄後
洗浄前
洗浄前
  • シチズン超音波洗浄器の特長

1.大型洗浄槽に2つの振動子を搭載

 

メガネも洗浄できる大型洗浄槽に2つの振動子を搭載。微細な隙間にある汚れを超音波の振動により強力な洗浄力で洗い落とします。

 

2.洗浄時間の設定が可能
汚れの度合いに応じて洗浄時間を5段階のタイマー(60秒、120秒、180秒、240秒、300秒)から選択できます。タイマーはカウントダウン表示しますので、残りの洗浄時間がひと目でわかります。
 

3.洗浄時に便利な時計バンド洗浄ホルダー、洗浄カゴを付属

 

時計バンドの洗浄に便利な「時計バンド洗浄ホルダー」と貴金属の洗浄に便利な「洗浄カゴ」を付属しています。

4.過熱を防ぐ保護回路(サーモスタット)を搭載した安全設計
過熱による故障を防ぐため保護回路(サーモスタット)を搭載した安全設計です。本体の温度が上がりすぎた場合は自動で電源がオフになります。

※ ペースメーカーなど体内に機器を装着されている方、ならびに装着されている方の近くでは誤作動の恐れがあ   
  りますので、ご使用にならないでください。

※ 洗浄できないもの
べっ甲(メガネなど)、宝石付きの貴金属やメガネ、象牙・石材、腕時計本体(防水型を含む)、コンタクトレンズ、宝石(真珠、トルコ石、オパール、翡翠、エメラルド、珊瑚、コハクなど)、偏光レンズ付のメガネやサングラス、劣化の進んだ(ヒビ、キズ等)プラスチック製のメガネレンズ、キズやはがれなどがあるメガネフレームなど

外部リンク

超音波洗浄器の需要が急増

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000056373.html