メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」 新モデル発売に伴うお知らせ

【記事提供:Dream News

この度、ViXion株式会社(読み:ヴィクシオン/代表取締役社長:石塚隆之、本社:東京都新宿区)は、2021年7月より、ロービジョン患者向けの「暗所視支援眼鏡 HOYA MW10 HiKARI(以下MW10)」の新モデルを追加発売します。
世界的に著名なデザイナー佐藤オオキ氏の監修により若年層にも親しみやすいデザインを採用するとともに、かねてより要望のあった機能の追加搭載(オプション)を行い、MW10を更に進化させたモデルになります。
販売に先駆け、YouTube公式チャンネルでのシリーズ動画配信を行うとともに、全国のMW10取扱店にて予約受付を開始いたします。また、従来モデルについても併売するとともに、既にお買い求めのMW10を取扱店に持ち込んでいただくことにより、新機能アップデートのサービスも受けることが可能です。

(註)
1.ロービジョン=何らかの原因により視覚に障害を受け「見えにくい」「まぶしい」「見える範囲が 狭くて歩きにくい」など日常生活での不自由を感じている状態。
2.新機能アップグレードのサービスは、有償の場合があります。詳しくは、指定販売店またはViXionコールセンターにお問合せください。



1. 2021年新モデル(7月26日より発売開始)
佐藤オオキ氏率いるデザインオフィスnendoによるヘッドマウント部のデザイン監修
2006年Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選出された著名デザイナー、佐藤オオキ氏(有限会社nendo 代表取締役、チーフデザイナー/本社:東京都港区)がデザイン監修担当。若い世代や女性にも共感して頂けるよう、よりナチュラルに、顔にフィットするカーブ、カメラの凸部が目立たないシームレスなフォルムへ刷新。さらに、人間工学に基づいたバランス設計により、快適な装用感を実現しました。
コロナ禍のロービジョン患者ニーズに対応した「リモートチャット機能(オプション)」を追加
さらに今回、コロナ禍のため濃厚接触を伴うガイドヘルパーを十分に利用できないという患者様の声を反映し、MW10で撮影された映像送信と音声通話を、事前登録したパートナーとリモートチャットできる機能を追加搭載しました。

2.新しいサービスの導入(7月15日より)
ViXion ZOOM説明センター(無料・事前予約制)
ご購入前、ご購入後も、ZOOMにて歩行訓練士またはViXion製品説明員が、製品説明のリモートサービスを実施します。https://vixion.jp/

3.動画のシリーズ配信開始(7月15日より)
ViXion公式チャンネル「YouTubeライブラリー」
声楽家 北原新之助氏(ロービジョン当事者)をプレゼンテーターとした動画をYouTubeのViXion公式チャンネル「YouTubeライブラリー」よりシリーズ配信します。特に、見え方でお困りの、これから社会で活躍される若い方へ向けた応援メッセージ動画を発信致します。
ViXion公式チャンネル
YouTubeライブラリー
https://www.youtube.com/channel/UCEMsDQGFrZw1bJYsqPKu1Wg
(7月15日より開始)
4.ViXion社について
ロービジョン患者様と「暗所視支援眼鏡 HOYA MW10 HiKARI」について
ロービジョン(Low Vision)とは、視覚に障害を受け、「見えにくい」「見える範囲が狭くて歩きづらい」「まぶしい」などの症状により日常生活の行動に支障をきたしている状態。中でも網膜色素変性症は、昼夜問わず暗所になると物が見えにくくなる「夜盲」の症状があるなど、治癒困難な難病として知られています。こうした患者様の日常生活を少しでも支援するため、その視野を補正できるデバイスの可能性について研究する眼科医の要請を受けた光学機器メーカー「HOYA株式会社」が、電子式ウェアラブル眼鏡開発に着手。世界で前例のない「暗所視支援眼鏡 HOYA MW10 HiKARI」として製品化に成功し、2018年に国内で販売開始しました。MW10は、わずかな光を増幅させて、かつ自然な色彩で撮影できる低照度高感度小型カメラを独自開発してヘッドマウント内に設置。コンピューターで処理して目の前のディスプレイに投影させることで、暗所でも、明るくカラーで再現(赤外線の反射を利用したモノトーンの暗視カメラとは異なります)。「見えづらかった信号や横断歩道が見えた」、「暗所での食事を楽しめた」、「星を生まれて初めて見た」「月が良く見えた」といった患者の声が多数寄せられました(MW10は「中心視野がある」「夜盲症(明所でみえるが、暗所で苦労している)」方に有効)。こうした中で、視野狭窄の患者の方にも、広い視野が提供できるよう、広角カメラレンズ(水平最大142度)交換型モデルにバージョンアップしました。2021年7月現在、MW10は全国52の自治体で、福祉機器である日常生活用具として認可されています。(※ViXion株式会社調査。内示、公示前の自治体含む)。

〔Message〕

ViXionアンバサダー 髙橋政代先生
(株式会社ビジョンケア 代表取締役社長/網膜再生医療研究開発プロジェクト客員主管研究員)
「視覚障碍の分野に世界に類を見ない新しい眼鏡を投入されたViXionが、さらにシステムとして発展させて新風を巻き起こそうとされています。どこまで広がるのか楽しみです」

新型MW10のヘッドマウント部をデザインした 佐藤オオキ氏
(デザインオフィス nendo 代表取締役/チーフデザイナー)
「デザイン事務所が創業時からチームに参画するという新しいチャレンジの機会に感謝しています。既存のデザイン領域に留まらず、クリエイティブを多面的に活用することでViXion社の価値創造に貢献できたら嬉しく思います」


ViXion株式会社

2021年、意思決定のスピードアップと、利用者のニーズによりきめ細かく対応するため、HOYA株式会社のMW10プロジェクトチームが同社の出資を受け、関連会社「ViXion株式会社」として分社独立。MW10の開発、製造、販売を継承しました。
ViXion株式会社は「世界の見え方でお困りのロービジョン患者様の将来の可能性を応援する企業」として、共に、明るい未来を創るため事業を起こしました。私たちはMW10を通じて、すべてのロービジョン患者様、特にこれから社会に出る盲学校の卒業生など若い患者様の就労支援・学業支援を行うことで、今後もSDGs(Sustainable Development Goals持続可能な開発目標)の実現をめざします。
(Web サイト)
https://vixion.jp
(公式SNS)
Twitter  
https://twitter.com/ViXion_inc
Facebook
https://www.facebook.com/ViXion.inc

■本件に対するお問い合わせ
ViXion株式会社 メールアドレス : info@vixion.jp
連絡先(コールセンター): 0570-003-487 (平日10:30~17:00)

外部リンク

暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」 新モデル発売に伴うお知らせ

https://www.dreamnews.jp/press/0000240163/