メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

世界の近視および老眼の治療市場-業界の需要分析と機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「近視および老眼の治療市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年5月 30日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

【記事提供:DreamNews】

近視および老眼は、物体をはっきりと見ることが困難になる目の状態です。近視は、遠くにある物体を見るのが困難な状態であり、老眼は、人々が目に近づけて置かれた物体をはっきりと見ることができない状態です。近視および老眼治療製品は、眼鏡、コンタクトレンズ、眼内レンズ、レーシック手術装置で構成され、近視および老眼によって引き起こされる視力障害を改善します。
近視および老眼治療の市場は、2021~2028年の予測期間中に7.45%のCAGR で成長すると予想されます。さらに、市場は2019年に17,836.74百万米ドルの価値で、2028年末までに34,058.64百万米ドルの価値に達すると予測されています。https://www.researchnester.com/sample-request-2475

成長ハイライト
近視および老眼の有病率の上昇は、治療に使用される製品の需要をもたらす主要な要因です。これらはすべての年齢の人々の間で発生する非常に一般的な状態です。レンズの使用は、障害を管理するために最も一般的に使用される方法ですが、レーシック手術は、主に長期的な解決策の利点に対する意識の高まりの結果として、世界中で大きな牽引力を獲得しています。さらに、65歳以上の人口の増加は、市場の成長を後押しすると予測されるもう一つの重要な要素です。

 

 

地域に基づいて成長ハイライト
近視および老眼治療の市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東とアフリカに地域に基づいて分割されます。北米の市場は、2019年に世界市場でトップのシェアを保持し、2028年には36.12%の最大のシェアを占めると予想されています。これは主に、世界中の高度なアイケア製品に対する需要の高まりによるものです。米国の市場は、この地域で最も高い成長が見込まれており、2019年の市場価値は5,522.15 百万米ドルに達すると予想されています。ヨーロッパの市場は、2028年までに 9,716.29 百万米ドルの市場規模に達すると予想されています。革新的な治療法、特にレーシック治療の利用可能性が高まるにより、この地域では効果的な治療製品の需要が高まっていることが観察されています。

近視および老眼治療の市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
・中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

主要企業
グローバルな近視および老眼治療市場における業界リーダーは、トプコンコーポレーション、アルコン、バウシュ&ロンブインコーポレーテッド、ニデック株式会社、カールツァイスAGおよびジョンソン&ジョンソンビジョンなどです。

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/global-myopia-and-presbyopia-treatment-market/2475

**** Research Nester Private Limited会社概要*****
https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : sales@researchnester.com

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com

 

 

外部リンク

世界の近視および老眼の治療市場-業界の需要分析と機会の見通し2028年

https://www.dreamnews.jp/press/0000216443/