メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

宮脇咲良イメージモデルのカラコン『MOLAK』より カラコンとメイクを疑似体験できる Instagram ARカメラエフェクトを公開!

PIA株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:中西 聖、以下 PIA)、株式会社DataCurrent(本社:東京都中央区、代表取締役:中 哲成)とアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井 陽介)の3社は、Instagramの「Spark AR Studio」ARカメラエフェクトを活用し、IZ*ONE 宮脇咲良さんがイメージモデルを務めるカラーコンタクトレンズブランド『MOLAK(モラク)』と、それに合わせたメイクアップのAR体験ができるソーシャルプロモーションを公開しました。

【記事提供:@Press】

【コンテンツ概要】

今回公開したのはInstagramでPIA公式アカウント(@pia_contactl)をフォローすると使えるInstagramカメラのエフェクト2種。いずれも、SNSを中心に「美しい!」と話題の、宮脇咲良さんの『MOLAK』におけるビジュアルをイメージしたエフェクトになっており、カメラで人物の顔を認識することで、カラコンのデザインとそれに合ったメイクが投影される仕様となっております。メイク済みのフェイスからでも楽しめ、気軽に普段使いできる自然体なエフェクトを目指しました。

 

 

【エフェクトの紹介】

(1)ピンクメイク

『MOLAK』レンズのうち「Sakura Petal」のレンズが実装されており、「Sakura Petal」に合わせた淡く可愛らしいピンクメイクが体験できます。

 

ピンクメイク
ピンクメイク

 

(2)パールメイク

『MOLAK』レンズのうち「Mirror Gray」のレンズが実装されており、「Mirror Gray」に合わせた華やかで少しアンニュイなパールメイクが体験できます。

 

パールメイク
パールメイク

 

■エフェクトの使用方法

(1)InstagramでPIA公式アカウント(@pia_contact)をフォロー。

(2)Instagramでカメラを起動する。

(3)スワイプして下記アイコンを選択しエフェクトを起動。

 

ピンクメイク
ピンクメイク
パールメイク
パールメイク

 

【カラーコンタクトレンズ『MOLAK』商品情報】

・公式HP     http://www.molak.jp/

・公式Twitter   https://twitter.com/MOLAKofficial

・公式Instagram  https://www.instagram.com/molak_official/?hl=ja

 

 

【MOLAK 1day 商品概要】

商品名  :MOLAK(モラク)

発売時期 :2019年11月13日発売

価格   :1箱10枚入り 1,600円(税別)

カラー  :6色

レンズ  :BC8.6 DIA14.2mm 含水率55%

使用期限 :1日

度数   :0.00~-10.00

販売ルート: WEBサイト及び一部ドン・キホーテ店舗にて発売

       2020年2月頃を目処に、順次コンタクト専門店、ドラッグストア、

       雑貨ショップなどの店舗にて販売開始

       (※一部お取り扱いのない店舗もございます)

 

 

【MOLAK 1month 商品概要】

商品名  :MOLAK(モラク)

発売時期 :2020年2月発売予定

価格   :1箱2枚入り 1,500円(税別)

カラー  :8色(予定)

レンズ  :BC8.6 DIA14.2mm 含水率38%

使用期限 :1か月

度数   :0.00~-8.00

販売ルート:2020年2月頃を目処に、WEBサイト、コンタクト専門店、

       ドラッグストア、雑貨ショップなどの店舗にて販売開始予定

       (※一部お取り扱いのない店舗もございます)

 

 

【会社概要】

社名  : PIA株式会社

所在地 : 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル11F

代表  : 代表取締役 中西 聖

事業内容: ・医療機器製造販売業

      ・コンタクトレンズの輸入販売

      ・医療経営コンサルタント

URL   : http://www.pia-corp.co.jp/

 

 

外部リンク

宮脇咲良イメージモデルのカラコン『MOLAK』より カラコンとメイクを疑似体験できる Instagram ARカメラエフェクトを公開!

https://www.atpress.ne.jp/news/203046