メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

山本光学が国際パラリンピック委員会(IPC)傘下の世界パラ水泳連盟(WPS)とオフィシャルサプライヤーとしてパートナーシップ契約を締結

契約締結時の様子
契約締結時の様子

パラ水泳競技者へSWANSのブラックゴーグルを提供

 

SWANSブランドのゴーグル・スポーツアイウェアを製造販売する山本光学株式会社(本社:大阪府東大阪市長堂3-25-8 代表取締役社長:山本直之)は、国際パラリンピック委員会(IPC/International Paralympic Committee 以下、IPC)傘下である世界パラ水泳連盟(WPS/World Para Swimming 以下、WPS)とオフィシャルサプライヤーとしてのパートナーシップ契約を締結したことを発表いたします。

 

写真左から、

IPC:Ms. Kiriah Crane(Client Service Coordinator)

IPC:Christian Holtz
WPC:Ms. Tracy Glassford(World Para Swim Manager)
山本光学株式会社 代表取締役社長 山本 直之

【記事提供:PR TIMES】

 この度の契約により、山本光学はパラ水泳競技者へSWANSの視覚障がい者用スイムゴーグルである「ブラックゴーグル」を提供いたします。

 WPSでは、これまで視覚障がいクラスS/SB/SM11 (※)に定める規定の「ブラックゴーグル」を公式に製造、供給しているスイミングゴーグルのブランドが無く、弊社が日本国内の上記カテゴリー選手に向けて既に販売していた「ブラックゴーグル」の製品紹介を行った結果、カテゴリー専用のゴーグル製造者・ブランドとしての契約締結(2017年7月~2019年6月)となりました。その後、契約期間中、弊社の製品が高評価であったこと、サポート体制が整っておりWPSとの連携も良好に取れていたことを評価頂き、契約更新の協議を経てオフィシャルサプライヤーとしてこの度の契約に至りました。

 山本光学では、水泳の「ブラックゴーグル」をはじめ、パラリンピックの正式種目であるゴールボールの「アイシェード」など、非常に限定される競技のアイウェアの製造・開発や、選手のサポートも積極的に行っています。今後も、様々な競技に携わる選手たちのパフォーマンス向上と競技への理解、関心が高まることを目指し、アイウェアの製造・開発という面からアスリートをサポートすることで、競技のさらなる普及、障がい者スポーツの発展に貢献してまいります。

※…S11   :視覚障がいクラス(自由形、背泳ぎ、バタフライ)
  SB11 :視覚障がいクラス(平泳ぎ)
  SM11:視覚障がいクラス(メドレーリレー)
 

 

  • 契約概要

契約名称:オフィシャルサプライヤーとしてパートナーシップ契約

World Para Swimming(ワールドパラスイミング:世界パラ水泳連盟)

IPC(国際パラリンピック委員会)傘下の障がい者水泳競技を運営する部門。
身体障がい(S1~S10)、視覚障がい(S11~S13)、知的障がい(S14)の各クラスで競技が行われる。 視覚障がいのS11競技ではブラックゴーグルの着用が義務付けられている。

オフィシャルウェブサイト:https://www.paralympic.org/swimming

Adenauerallee 212-214, 53113 Bonn, Germany
+49 228 2097 209
info@worldparaswimming.org
 

  • 提供製品概要

BLACKENED GOGGLES(ブラックゴーグル)
 視覚障がいクラスS/SB/SM11カテゴリーの選手用に特化した光を通さない特殊なレンズを搭載したスイミングゴーグル。フィット感が非常に高いクッション付モデルBG-SRX、カーブレンズを搭載し、低抵抗を実現したクッション付モデルBG-SR72、軽さと薄さを追求したBG-SR-10の3種類。いずれもFINA(国際水泳連盟)承認モデル。

・BG-SR-72:カーブレンズを搭載し、低抵抗を実現したクッション付モデル
・BG-SRX:フィット感が非常に高いクッション付モデル
・BG-SR-10:軽さと薄さを追求したノンクッションモデル

 

BG-SR72

 

BG-SRX

 

BG-SR-10

 

  • 代表よりメッセージ
代表取締役社長 山本 直之
代表取締役社長 山本 直之

山本光学は「人々の心の豊かな生活文化を創造し社会に貢献する」を企業理念とし、1911年の創業以来「眼を護る」製品を開発してきました。

 SWANSは、着用者の安全と健康を護るスポーツプレイヤーのパートナーとして、サングラス、スノーゴーグル、スイミングゴーグル、ダートゴーグルなどスポーツシーンに応じたメイドインジャパンのアイウェアを展開しています。

 このたび、弊社の開発した視覚障がい者用スイムゴーグルである「ブラックゴーグル」が認められ、世界パラ水泳連盟とオフィシャルサプライヤーとしてパートナーシップ契約へと至りました。

 山本光学は、今後もSWANSブランドを通じてスポーツの発展に寄与するため、スポーツ選手を眼の安全という面からサポートする製品開発を続けて参ります。
 

  • 会社概要

名称   山本光学株式会社(ヤマモトコウガクカブシキガイシャ)
英語表記 YAMAMOTO KOGAKU CO.,LTD
所在地  本社 〒577-0056大阪府東大阪市長堂3丁目25-8
TEL. 06-6783-0232(代表) FAX.06-6781-7320
東京支店 〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル8階
TEL. 03-3868-5501(代表) FAX.03-3868-5502
代表者  代表取締役社長 山本 直之
創業   明治44年(1911年)
事業内容 産業安全用保護具・スポーツ用各種アイウエア・眼鏡・光学機器等の製造販売
工場   大阪、兵庫(淡路島)、徳島

■山本光学公式サイト:https://www.yamamoto-kogaku.co.jp/
■SWANS公式サイト:https://www.swans.co.jp/
■SWANSオンラインショップ:https://netshop.swans.co.jp/
■YAMAMOTO公式サイト:https://www.yamamotokogaku.co.jp/safety/
■YAMAMOTOオンラインショップ:https://yamamoto-safety-online.com/

 

 

外部リンク

山本光学が国際パラリンピック委員会(IPC)傘下の世界パラ水泳連盟(WPS)とオフィシャルサプライヤーとしてパートナーシップ契約を締結

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000030460.html