メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

異なる2つの時代にインスパイアされた新作アイウェアコレクション「Zoff CLASSIC AUTUMN COLLECTION」2019年8月23日(金)順次発売

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営する株式会社インターメスティック(本社:東京都港区)は、定番で人気の「Zoff CLASSIC」から、異なる2つの時代にインスパイアされた新作アイウェアコレクション「Zoff CLASSIC AUTUMN COLLECTION」を2019年8月23日(金)より全国のZoffで順次発売いたします。

【記事提供:PR TIMES】

【特設ページ】https://www.zoff.co.jp/shop/contents/zoff-classic.aspx ※8月23日(金)リニューアル予定

 メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営する株式会社インターメスティック(本社:東京都港区)は、 定番で人気の「Zoff CLASSIC」から、異なる2つの時代にインスパイアされた新作アイウェアコレクション 「Zoff CLASSIC AUTUMN COLLECTION」を2019年8月23日(金)より全国のZoffで順次発売いたします。
 メンズは、アメリカの文化の変革期でもあった1950~60年代のスタイルや時代背景を表現し トラッドやヴィンテージをキーワードに普遍的で本物志向のメガネを目指したAMERICAN CLASSICをコンセプトに「Vintage Series」、 ウィメンズはアジアを中心とした海外のファッショントレンド要素を取り入れた 「今」の気分なコレクション「Modern Series」で構成されています。
  本コレクションを彩るクリエイティブは、アーティストでありモデルの髙橋義明さんと女優でモデルの田中芽衣さんの2名が出演。 映画広告のようなストーリーを感じる世界観でZoff CLASSICのメガネをかけるムードを表現しました。 基本のクラシックフレームから、旬な顔になれるトレンドのフレームまで、約200種類。 1本は持っておきたいメガネがきっと見つかるはずです。

■商品概要
【商品名】Zoff(ゾフ) CLASSIC(クラシック) AUTUMN(オータム) COLLECTION(コレクション)
【種類】メンズ 21型、ウィメンズ 24型 約200種類
【発売日】2019年8月23日(金)順次発売予定
【価格】5,000円~12,000円 ※税別・標準レンズ代込
【取扱店舗】Zoff全店(アウトレット店除く)、Zoffオンラインストア、Zoff 楽天市場店、Zoff ZOZOTOWN店、Zoffアイルミネ店
【一般のお客様のお問い合わせ先】ゾフ・カスタマーサポートTel.0120-013-883(平日10:00〜18:00)
【特設サイト】https://www.zoff.co.jp/shop/contents/zoff-classic.aspx
【公式サイト】http://www.zoff.co.jp

■出演者情報
【髙橋 義明(たかはし よしあき)】
2019年6月号で卒業するまでMEN‘S NON-NO専属モデルとして約8年活動し、
現在も雑誌やカタログ、広告やショーなど幅広く活躍する人気モデル。
また自身のアトリエを東京の葛西に構えアーティストとしても活動中。
【田中 芽衣(たなか めい)】
14歳でティーンファッション誌の専属モデルとしてキャリアをスタート。
現在はテレビドラマに出演し女優業や写真家として個展を開催したり
アパレルブランドのディレクションなどクリエーターとしても注目されている。

■商品詳細
▼メンズライン

「Vintage Series」
1950年~60年代のCLASSICフレーム全盛期に、アメリカで流行したデザインや時代感を表現したコレクション。
メガネをファッションとして捉えた当時の若者のTRADなスタイルをイメージ。気軽に楽しめる5,000円で展開。
5,000円(税別・標準レンズ代込)

▼デザインポイント
■TRAD ACETATE
1950年代に米国で流行したデザイン。
フレームがまだ手作業で生産されていた時代、丁番金具は秒を用いてアセテートに固定されていた当時のクラシカルな仕様をかざりピンで再現。

 

1960年代にファッションアイテムとして流行したデザインレンズ径の小さいデザインが多く、両眼が離れて見えるスタイリングを、「鍵穴」のような形状の「キーホールブリッジ」をデザインする事で、クラシックならではのアクセントをつけ、視覚的なバランスと安定感を両立させた。

 

19世紀後半から一般に普及し始めたメガネは、20世紀に入り技術の発展と共に形状を進化させ、幅広いデザインのメガネがファッションアイテムとして人気を博した。当時のオーセンティックなデザインや仕様を、現代の技術を用いて忠実に再現した。
8,000円-12,000円(税別・標準レンズ代込)

▼フレーム紹介
■VINTAGE METAL
8,000円(税抜・標準レンズ代込)
・型ごとに異なるブリッジデザイン
・テンプル内側には細かな彫金仕様
・サイズは小さめでスタイリッシュ

■VOLUME ACETATE
9,000円 (税抜・標準レンズ代込)
・男性らしい8mm厚のボリュームのあるアセテート素材。角を丸くしてソフトなイメージ
・アメリカンクラシックの特徴である飾りピン仕様
・テンプル芯金にはアールヌーヴォーをモチーフにした細かな植物柄の彫金

■JAPANESE TITANIUM
12,000円(税抜・標準レンズ代込)
・強度や軽さを誇る日本製素材のオールチタンのフレーム。
・全型異なる仕様のフロント
・フロントとテンプルを別パーツにすることでカラーバリエーションが豊富に。

■VINTAGE WINDSOR RIM
10,000円(税抜・標準レンズ代込)
・ゾフで初めてのウィンザーリム仕様。
メタルの内側にプラスチックを巻き、目元にアクセントを与えるヴィンテージなスタイル。フロントの内リムは軽量で耐久性のあるTR素材を使用し現代的な極薄設計に。
・ブリッジなどにはアールヌーヴォー風の彫金を加工。

■VINTAGE COMBINATION

10,000円(税抜・標準レンズ代込)
・フロントとテンプルが異素材の人気のコンビフレームをヴィンテージ感あるクラウンパント型で展開
・テンプルに凹凸をつけ、表面処理の質感がUP。立体感が出て高級感のあるフレーム

 

■ウィメンズライン

「Modern Series」
韓国を中心としたアジアントレンドをメインに、ビッグシェイプのメタルフレームや人気のボストン、クラウンパントをはじめとした多角形フレームなど「今」を感じさせる旬で豊富なバリエーション。
様々な素材のコンビネーションデザインにすることで、「より軽く細身」に仕上げ、女性にうれしい、顔なじみのよさと快適な掛け心地を実現した新感覚のクラシックシリーズ。
7,000円-12,000円(税抜・標準レンズ代込)

▼デザインポイント
■CASUAL COMBINATION
テンプルに弾力性のあるβチタンを使うことで、軽くてかけ心地の良いフレームに。金属の光沢感や細身のシルエットがより上品さを際立たせます。質感の違いや異素材のコントラストがファッションのアクセントに。

 

 

■ASIAN TREND
アパレルやコスメに代表されるトレンドにおいてアジアを牽引している韓国のデザイン。特に若い女性向けのメガネフレームとして「韓国っぽい」というキーワードこそメガネとファッションのトレンドが合致した「今」っぽさ。レンズの天地幅が44mm以上の縦幅のあるフレームは「抜け感」が出る上に小顔効果も期待でき、若い女性を中心に人気。

 

■GLOBAL TREND
円形の上部を一直線に切り取ったようなクラウンパントを代表する多角形は50年代のフランスで大流行したフレーム形状で、最近のトレンド型のひとつ。直線的なフレームラインが知的で大人っぽい印象に。

 

■Zoff SMART CLASSIC
累計販売本数450万本※2を突破したベストセラー「Zoff SMART」の素材である特殊プラスチック「ULTEM™(ウルテム)樹脂※1」をフロントに、強度としなやかさが特長の金属「βTITANIUM(ベータチタニウム)」をテンプルに組み合わせたコンビネーションシリーズ。
高機能な異素材の出会いにより、進化したハイブリッド・クラシックフレームが誕生。
ブリッジの形状をアーチ状にデザインすることでより鼻筋をきれいに見せ、柔らかい印象に。
※1 ULTEM™(ウルテム)樹脂はSABIC又はその子会社・関係会社の商標です ※2 当社調べ2019年4月時点

 

●会社概要●
社名:株式会社インターメスティック
本社:東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道6階
代表者:代表取締役社長 上野照博
URL:http://www.zoff.co.jp

 

 

外部リンク

異なる2つの時代にインスパイアされた新作アイウェアコレクション「Zoff CLASSIC AUTUMN COLLECTION」2019年8月23日(金)順次発売

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000258.000002864.html