メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

メガネスーパーの新サービス「イヤーセラピー」を初お披露目! 第31回 国際メガネ展(IOFT2018)レポート

株式会社ビジョナリ―ホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:星﨑尚彦)の子会社である株式会社メガネスーパー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:星﨑尚彦、以下メガネスーパー)は、10月22日(月)~24日(水)に東京ビッグサイトにて開催されたアジア最大級のメガネの展示会である「第31回国際メガネ展」(通称:IOFT2018/主催:リード エグジビション ジャパン株式会社/一般社団法人 福井県眼鏡協会)に出展しました。今回は、例年の約2倍で過去最大の規模となるスペースをフル活用し、今回初お披露目となった「イヤーセラピー」をはじめとしたメガネスーパーの最新のアイケアソリューションを展示。多くのご来場者の方々に、メガネスーパーをはじめとするビジョナリーホールディングスグループの商品・サービスを知っていただき、そして体験していただく、より良い機会となりました。今回は、本イベントの速報をお送りします。

【記事提供:PR TIMES】

■国際メガネ展(IOFT2018)出展のポイント
今回、メガネスーパーの出展においてポイントとなったのは、次世代型店舗で展開するアイケア商品・サービスの展示と、新会社・VISION WEDGE(ビジョンウェッジ)におけるメガネ・補聴器などの卸販売を行う「ホールセール事業」、店舗の運営を行う「コンサルティング事業」、メガネの加工やリペア、商品管理システムの業務委託を行う「アイケアコミュニケーション事業」の3つの事業のご紹介です。
メガネスーパーを中心とするビジョナリーホールディングスグループは、さらにアイケアの拡充・浸透を加速させていくことを目指します。

①アイケアリラクゼーション&イヤーセラピー
■眼の検査前にアイケアリラクゼーション

まず、メガネスーパー次世代型店舗でも行っている「アイケアリラクゼーション」の体験コーナーへ。仕事などによる眼の疲れや緊張をほぐしてから検査を行うためのものですが、導入している店舗であれば、いつでも1000円~という低料金で本サービスを受けていただくことが可能です。

■新サービスのイヤーセラピー
また、今回は、メガネスーパーが補聴器の取り扱いにも力を入れていることから新たに導入している「イヤーセラピー」の体験コーナーも併設。耳には多くのツボがあるため、耳だけでなく、からだの各部の疲れやストレスへの効果も期待できると好評を集めています。

 

②最先端の夜間視力検査&両眼視検査

メガネスーパーは、最適なアイソリューションを提供するために、独自開発のトータルアイ検査をはじめ、世代別検査、スマートフォン老眼検査など、最先端の眼の検査を推進しています。本イベントでは、検査機器を使用して最先端の眼の検査を体験するコーナーも設置しました。

 

■夜間視力を測定
こちらでは、ウェーブフロントアナライザーという多機能型屈折検眼装置を使って、明所/暗所での瞳孔径や屈折値の計測、見え方予測などを行います。高齢ドライバーによる交通事故の増加に伴い、70歳からの運転免許更新時には、夜間視力検査が義務付けられるようになりました。また、暗所では視環境が低下するため、世代を問わず夜間視力検査は非常に重要です。体験した方には、計測結果もご自身で確認していただけます。

■両眼視検査や動体視力検査にも対応

もうひとつは、ミラクルチャートという視力検査機器を使っての検査体験です。この検査機器では、世界最短設置距離60cmでの視力検査が可能です。また、視標の表示方法として偏光液晶ディスプレイを採用したことにより、多彩な視標を表示できるのも特色のひとつです。ランドルト環、レッド&グリーンなどの豊富な「視標」に加え、両眼立体視、乱視、斜位などの検査では、動きのあるアクティブチャートを使用しての多様な測定を行います。大型2種運転免許試験で行われる「深視力検査」(動的に動いた場合の遠近感や立体感を図る)も体験することができます。

 

③アイウェア・アイケア関連商品の卸販売・コラボ商品・OEMのご提案
■オリジナルアイウェアや新作コラボ商品も続々
アイウェアのコーナーでは、メガネスーパーの人気オリジナルブランドをはじめ、女性誌「GLOW」とのコラボによるAIRSTYLE LUXE(エアスタイル リュクス)シリーズ、ワーナーブラザーズとのコラボによる映画「ハリー・ポッター」をイメージした商品、K-POPアイドルのカン・ダニエルのキャラクター商品などが新登場し、注目を集めました。メガネスーパーでは今後もオリジナル商品やさまざまなジャンルとのコラボやOEMにも積極的に取り組み、新会社VISION WEDGE(ビジョンウェッジ)においては、これらの卸販売事業を本格的に展開していく構えです。

■近日発売予定のオリジナルコンタクトレンズ
今回メガネスーパーは、初のオリジナルコンタクトレンズを発表に先駆け先行して公開しました。こちらは1DAYタイプで、①ソフトで心地よい装用感、②乾燥しにくいモイスチャータイプ、③UVカット、④眼の形に合いやすい非球面設計となっています。30枚タイプと、お試しサイズの5枚タイプがあり、いずれもポストインサービスを前提とした薄く小さなパッケージです。

 

■オリジナルアイケアサプリメントのセールスパートナーも募集
現在、自社開発によるオリジナルアイケアサプリメント「アイラックWスーパー」のセールスパートナーを募集中。天然由来成分のアスタキサンチンとコンドロイドという配合特許の組み合わせに、ビルベリー、ルテイン、ビタミンAをプラスした、見る力のサポートを考えたサプリメントとして好評です。

■高エネルギー可視光線(HEV)カットレンズも初登場
パソコンやスマホから眼を守ることはもとより、コントラスト感度の低下する夜間運転用のメガネレンズとして活用できるほか、体内時計の乱れや、加齢に伴う視機能の低下に対する予防効果も期待されている製品です。

 

 

■クリップオンシステムなど他社製品も積極的に導入
右の写真は、アメリカのケミストリーブランドのクリップオンシステム。矯正レンズ側とクリップ側にマグネットを直接埋め込み、メガネの上に、必要な時だけ12色レンズカラーや度数、3D映像方式のレンズを装着できる画期的なアイウェアです。3Dレンズは、内視鏡手術モニター用もあり、慶応義塾大学医学部でも採用されています。

■ロービジョンや色覚特性製品もラインナップ
まだメガネ専門店でも取り扱いの少ないロービジョン(弱視)の方向けのLED付き手持ちルーペや拡大読書器などの視覚補助用具、色覚特性の方向けの色覚補正レンズも取り揃え、使い心地をお試しいただきました。メガネスーパーでは、アイケアとQOL(Quality of Life=生活の質的向上)の観点から早期発見を目指し、視力のみならず眼の状態まで細かく計測するトータルアイ検査や色覚検査も行っています。製品購入時の補助制度などについても、ぜひご相談ください。

 

 

④補聴器事業支援のご提案
■補聴器を扱う店舗を少しでも増やしたい
日本の補聴器市場はまだ小さく、難聴を自覚する方のうち、わずか15%しか補聴器を使用されておらず、多くの方が聞こえの不便に我慢していると考えられます。メガネスーパーは、QOL(Quality of Life=生活の質的向上)の観点からも、補聴器を販売される店舗を少しでも増やすことができたらと願っています。

■豊富な品揃えと確かな技術で補聴器事業をサポート
メガネスーパーは、一流メーカーの補聴器関連製品を豊富に取り揃え、それらの共同仕入れや安価なオリジナルブランドの関連商品の提供など、導入しやすさと売りやすさをサポート。また、検査や購入後のアフターフォローなどについての指導・支援などについても、経験豊富なスタッフにお任せください。

⑤MSアイケアスクール入学生募集
■アイケアサービスのスペシャリストを育成
社会の高齢化やパソコン・スマートフォンの利用などによる眼の負担増などの時代変化に伴って、アイケア業界では、より質の高いサービスを提供できる人材が求められてきています。MSアイケアスクールでは、現場とスクールとの間にある「現場の壁」を乗り越えるために、メガネスーパーとの連携を活かした業界標準のカリキュラムを採用しています。
たとえば、従来の視力検査だけではなく、眼の状態や視環境、ライフスタイルにいたるまでトータルに配慮した業界トップクラスの検査システムや、お客さま一人ひとりに最適なメガネを提供するためのフィッティング技術やカウンセリング技術など。また、教育ローン制度や、卒業後の就職相談、転職、開業の相談など、入学から卒業後まであらゆる面からサポートしていきます。

 

⑥メガネ・補聴器出張訪問サービス

■出張訪問の予約を随時受付中
メガネや補聴器を購入したい、手持ちのものを調整したいが、なかなか店舗まで出かけられない。メガネスーパーでは、そんなお客さまのために出張訪問サービスを行っています。ベテランスタッフが出張訪問用の専用機材を乗せた車で、ご自宅やご指定の場所に訪問し、視力・聴力測定から販売、調整まで、ご要望に応じて対応します。個人のお客様はもとより各種企業・団体様からのご相談も随時受け付けています。

 

⑦メガネ型ウェアラブル端末「b.g.」の導入企業様・協力企業様を募集

■多様なビジネスの現場やエンターテイメントの領域で期待
1,000万人を超える顧客に対応してきたメガネスーパーのノウハウを活かし、両眼視による「見え方」と「かけ心地」を追求。「b.g.(ビージー)」は、「視覚拡張」をキーコンセプトに、あらゆるソリューションに対応できる「未来のメガネ」としたものです。現在も、さまざまな領域の第一線で活躍するハイテク企業とのコラボによって複数の案件が進行中です。ビジョナリーホールディングスグループのエンハンラボでは、導入企業様や協力企業様、セールスパートナーを随時募集しています。

 

今回の出展を通じ、アイケアの重要性の啓発に加え、ホールディングス体制の下、メガネ業界や他業種との資本・業務提携を強化し、新たなる営業収益となる販路開発や提携等の推進によって、眼の健康寿命延伸に繋がるアイケアサービスの拡充・普及をさらに加速してまいります。 

 

外部リンク

メガネスーパーの新サービス「イヤーセラピー」を初お披露目! 第31回 国際メガネ展(IOFT2018)レポート

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000019511.html