メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

目でのぞいても、パソコンでも、観察できる 顕微鏡『ミクロナビS-800PCII』 2018年7月27日(金)に発売

総合光学機器メーカー株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、2018年7月27日(金)に『ミクロナビS-800PCII(※)』を発売します。

 

※ローマ数字をIIで代用。以下同。    

 

【記事提供:@Press】

『ミクロナビS-800PCII』は、目でのぞくのはもちろん、パソコンでも、観察OK。2Wayの使い方ができる顕微鏡です。

 

直接、接眼部から観察した場合、80倍・200倍・800倍の3つの総合倍率で、目視ならではのリアルな像をお楽しみいただけます。

 

付属の200万画素CMOSカメラを使ったパソコンによる観察では、モニター倍率(画面横×縦=4:3、14インチモニターの場合)が200倍・500倍・1950倍となり、より大きく像を見ることができます。

 

パソコン観察では、付属のソフトウェア「S-EYE」により、フルハイビジョンでの動画・静止画を、観察や記録することも可能です。また、別売りの対物ミクロメーターを使い、倍率ごとに基準となるスケールを記憶させることで、観察対象物の大きさを測定するなどの楽しみも広がります。

 

『ミクロナビS-800PCII』

顕微鏡本体スペック

<モニター倍率>(4:3 14インチモニターの場合) 200×、500×、1950×

<総合倍率>80×、200×、800×

<対物レンズ倍率(開口数/WD)>アクロマートレンズ:4×(約0.1/15mm)、10×(約0.25/6.5mm)、40×(約0.65/0.5mm)

<接眼レンズ倍率(視野数/アイレリーフ)>WF20×(10.5mm/約8mm)

<鏡筒形式>45°傾斜型

<鏡筒長>160mm

<ステージ>角型固定式、円盤絞り、コンデンサーレンズ、スプリング式クレンメル

<焦点調節>ステージ上下動式ピントハンドル(粗動)・ストッパー付

<照明>白色LED(透過照明)

<電源>AC100Vまたは単三アルカリ乾電池3本(別売)

<見え方>正立鏡像

<サイズ>272×119×162(mm)

<重さ>1.3kg

 

CMOSカメラスペック

<撮像素子>カラー1/3インチCMOS

<有効画素数>1920x1080=2,073,600

<最低被写体照度>約2.4ルクス(F1.9)

<電子シャッター>オート1/30~1/15,750

<AGC>オート

<S/N比>39dB以上

<コントラスト比>0.55

<シャープネス・ホワイトバランス>オート

<マウント>CSマウント

<電源>USBケーブルにてBUS供給

<消費電力>300mW

<USB対応>USB1.0/2.0/3.0

<対応OS>Windows(R)10、Windows(R)8、Windows(R)7

<記録形式(拡張子)>静止画:JPG、BMP、PNG、TIF/動画:MP4

<サイズ(高さ×幅×奥行)56×50×41(mm)

<重さ>125g

 

<発売日>2018年7月27日(金)

<価 格>5万5000円(税別)

<商品コード>21239

<付属品>CMOSカメラ、USBケーブル、インストールCD、CMOSカメラ接続アダプター、ACアダプター、アルミケース(※)

※顕微鏡本体、CMOSカメラなど一式を収納。保管や運搬に便利な専用アルミケースです。(別売りはしておりません)

 

<製品ページはこちら>

https://www.vixen.co.jp/product/21239_2/

 

 

<Vixen WEBサイト>

株式会社ビクセンが企画・協力・協賛しているイベントは、以下のページでお知らせします。

株式会社ビクセン   https://www.vixen.co.jp/

 

facebookページ   https://www.facebook.com/tonakaifanpage 

 

また、ビクセンでは星空観望会を始めとする「星を見せるイベント」各種のご依頼を随時承っております。

https://www.vixen.co.jp/event/event_info/

 

<株式会社ビクセン 会社概要>

代表取締役 新妻和重

創業1949年  本社 埼玉県所沢市  

天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー  

 

外部リンク

目でのぞいても、パソコンでも、観察できる 顕微鏡『ミクロナビS-800PCII』 2018年7月27日(金)に発売

https://www.atpress.ne.jp/news/161649