メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

クアルコム社と提携して新しいSnapdragon XR1プラットフォーム上で次世代ARスマートグラスを開発いたします。

スマートグラスやウェアラブル用に特別に設計された最初で専用のクアルコムXRプラットフォームであるXR1は、臨場感のあるユーザーエクスペリエンスを備え、ファッショナブルで人間工学に優れたスマートグラスを継続して提供するという弊社のミッションに最適なものです。

 

【記事提供:ValuePress!】

 

エンタープライズとコンシューマー向けにスマートグラス、AR(拡張現実感)、VR(バーチャルリアリティ)技術のリーディングサプライヤーであるVuzix Corporation (ビュージックス コーポレーション、Nasdaq: VUZI、東京支店長:藤井 慶一郎)は、クアルコム社と提携して新しいSnapdragon XR1プラットフォーム上で次世代のVuzix ARスマートグラスを開発していることを発表いたします。スマートグラスやウェアラブル用に特別に設計された最初で専用のクアルコムXRプラットフォームであるXR1は、臨場感のあるユーザーエクスペリエンスを備え、ファッショナブルで人間工学に優れたスマートグラスを継続して提供するという弊社のミッションに最適なものです。  

 

 

 

Snapdragon XR1は、ARMベースのマルチコアCPU、ベクタープロセッサ、GPU(グラフィックスプロセッシングユニット)、およびQualcomm®AIエンジンなど、クアルコムテクノロジーの異種のコンピューティングアーキテクチャが統合されています。 XR1はよりよいポーズ予測、オブジェクト分類などの拡張現実感(AR)で主要なユースケースを支援することができるビジョンベースの機械学習アルゴリズムの高度なオンデバイス処理を可能にします。 XR1は、ネイティブの音声処理、3Dサウンド、モーショントラッキング、ヘッドトラッキングなどの機能を備えた臨場感のあるユーザーインターフェイス(UI)エクスペリエンスを提供するようにも設計されています。 

 

 

 

次世代のVuzix Blade(TM)は、XR1のユニークなオンボード機能の多くを活用して、ARスマートグラスでの臨場感あるUIをビジュアル、オーディオ、音声、直感的なやりとりを通して提供いたします。 XR1がVuzix独自の先進的なウェーブガイドやディスプレイエンジンと結びつくことで、Vuzixがよりコンパクトでファッショナブルなフォームファクタを提供することができます。 次世代のVUZIX Mシリーズエンタープライズ・スマートグラスにおいても、ARエクスペリエンスのためにXR1の特別な最適化を活用します。  Vuzixのエンタープライズ・スマートグラスにXR1に統合されている人工知能(AI)機能を組み込むことでより優れた双方向性、省電力、熱効率を実現し、法人ユーザーにさらに大きな価値をもたらします。

 

2019年にQualcomm Snapdragon XR1プラットフォームに基づく最初のVuzix製品が登場する見込みです。

 

---

 

Vuzix Corporationについて

 

 

VUZIXはコンシューマー、コマーシャルおよびエンターテインメント市場における、ビデオアイウェアとスマートグラス製品の大手サプライヤーです。

 

同社の製品はポータブルで高品質な視覚体験をユーザーに提供するパーソナルディスプレイ機器や仮想現実や拡張現実用のソリューションを提供ウェアラブルコンピューティング機器があります。

 

防衛産業における次世代のディスプレイ・ソリューションの研究開発から始まったVUZIXは、ビデオアイウェアの分野で65件の特許と44件特許申請中であり、多くの知的財産を所持しています。

 

同社は、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーの「Innovation Award」を2005年から2017年までさまざまなワイヤレステクノロジ関連のアワードを受賞しています。

 

1997年創立のVUZIXは、米国NASDAQ市場に上場する企業(Nasdaq: VUZI)であり、ロチェスター(ニューヨーク州)、オックスフォード(英国)および東京(日本)に拠点を置いています。

 

製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

 

外部リンク

クアルコム社と提携して新しいSnapdragon XR1プラットフォーム上で次世代ARスマートグラスを開発いたします。

https://www.value-press.com/pressrelease/202379