メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

オンデーズ(OWNDAYS)メガネ業界最高水準の保証サービスを開始

オンデーズ(OWNDAYS)の安心保証10カ条をスタート
オンデーズ(OWNDAYS)の安心保証10カ条をスタート

アイウェアの製造販売を手掛け、世界10ヵ国に展開する株式会オンデーズ(東京都品川区、代表取締役社長:田中修治)は、業界最高水準ともいえるメガネの保証サービス「オンデーズ(OWNDAYS)の安心保証10カ条」を2016年12月より開始したことを発表します。

【再びデフレの時代に「価格」ではなく「安心」で消費者の支持拡大へ】
昨今、再びデフレの傾向が見え始めた日本経済において、メガネ業界に於いても、低価格志向へと走る傾向が見え始めております。
株式会社オンデーズでは、値下げによって表面的な価格を下げるのではなく、メガネ業界で最も手厚い保証とサービスを目標に「オンデーズ(OWNDAYS)の安心保証10カ条」を掲げよりお客様に選んで頂ける、高い付加価値を創造していくことを、新しいブランドコンセプトの方針として決定いたしました。

【「お客様のメガネライフを一生支えていけるパートナー」を目指して】
株式会社オンデーズでは従来の「シンプル・クイック・バリュー」という3つのコンセプトに、新しく「安心・信頼」というポリシーを付け加え、「お客様のメガネライフを一生支えていけるパートナー」を目指します。
 

【オンデーズ(OWNDAYS)の安心保証10ケ条】
[ご購入から1ヶ月以内なら、理由を問わず全ての商品の返品・全額返金が可能です。]
OWNDAYSの商品はご購入後1ヶ月以内であれば理由を問わず全て返品が可能です。また返品された際には全額 購入代金を返金させていただきます。

[フレームの品質を1年間保証します。]
ご購入後1年以内に通常の使用環境で商品の品質に問題が生じた場合、無料で交換・修理を行います。
 *交換・修理が難しい場合は、同金額の他商品と交換致します。

[1年間レンズの見え方を保証します。]
見え方に違和感を感じたり度数に慣れない場合は、ご購入日より1年間、2回まで別の度数のレンズに交換が可 能です。さらに、2年目以降はレンズ交換料金の半額にて新しいレンズに交換いただけます。

[遠近両用レンズに慣れない場合 通常のレンズに無償で交換いたします。]
遠近両用レンズに慣れない場合、ご購入から2カ月以内であれば、通常タイプのレンズに無償で交換いたします。

[カラーレンズが合わない場合 通常のレンズに無償で交換いたします。]
仕上がったカラーレンズのイメージや見え方が合わない場合、ご購入から2ヶ月以内であれば通常タイプのレン ズに無償で交換いたします。

[クリーニング・フィッティング・メンテナスは、いつでも何度でも無料で行います。]
OWNDAYSでご購入されたフレームは、世界中どこの店舗でも、フィッティングやクリーニングなどのメンテナ ンスをすべて無料で受けられます。

[視力測定・コンサルティングは、いつでも、どこでも、何度でも無料で行います。]

[災害・盗難・事故等でメガネを紛失・破損した場合 無償で同じ商品へ交換致します。]
災害・事故・盗難等によりメガネを紛失または破損させてしまった場合、その事象を証明するもの(警察もしく は公的機関による証明書)をお持ち下さい。ご購入から1年間は無償で修理、交換致します。

[もし自分で壊してしまっても 50%オフで、もう一度ご購入いただけます。]
ご購入後1年以内に自身の過失・不注意によってメガネを壊してしまった場合でも、ご購入金額の50%価格で同じ 商品を再購入いただけます。

[本保証内容は全て世界中のOWNDAYSの店舗で同様に受ける事ができます。]
今日も毎日、世界中でOWNDAYSの店舗は増え続けています。OWNDAYSの安心保証は世界中どこの店舗でも変 わらず受けることができ、あなたのメガネライフを徹底的にサポートいたします。

【株式会社オンデーズ】
株式会社オンデーズは、日本全国、シンガポール、台湾をはじめとし世界中に展開しているアイウェアファストファッションブランドです。世界的なメガネのファストファッションチェーンとして日本から世界の市場へと拡大しています。今後も世界を舞台に新しい需要の開拓とサービスの提供を積極的に挑戦し続け、「オンデーズに関わる全ての人を豊かにするために…」の信条を掲げ、世界中の人たちから必要とされるオンリーワンの企業を目指しています。

外部リンク

オンデーズ(OWNDAYS)メガネ業界最高水準の保証サービスを開始

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000005214.html

PR TIMES