メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

Physical Web対応、店舗内にいる人などに情報をプッシュ通知するアプリ『Spotpedia』をMWCで展示公開

店舗内にいる人などに情報をプッシュ通知するアプリ『Spotpedia』
店舗内にいる人などに情報をプッシュ通知するアプリ『Spotpedia』

ユークリッドラボは、特定のエリア内にいる人、店舗や施設内にいる人などに対して、プッシュで情報を配信するアプリケーション『Spotpedia』を、3月2日から3月5日までバルセロナで行われていた世界最大規模のモバイル関連技術の国際展示会「MWC 2015」で、ソニーの『SmartEyeglass』と連携したアプリケーションの展示デモを行いました。


ユークリッドラボ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:村上 建治郎、以下ユークリッドラボ)は、特定のエリア内にいる人、店舗や施設内にいる人などに対して、プッシュで情報を配信するアプリケーション『Spotpedia』を、3月2日から3月5日までバルセロナで行われていた世界最大規模のモバイル関連技術の国際展示会「Mobile World Congress 2015(以下、MWC)」(*1) のソニー株式会社(以下、ソニー)のブース内で展示公開し、ソニーの『SmartEyeglass Developer Edition(スマートアイグラス・デベロッパーエディション)』(*2)と連携したアプリケーションのデモを行いました。

『Spotpedia(スポットペディア)』は、Google社が10月に発表したBluetooth通信を使ってモノとWEBをシームレスにつなぐIoT関連の技術『Physical Web』に対応し、特定の場所や店舗・施設内にいる人などに最新の情報をスマートフォンやウェアラブル端末にプッシュ配信するアプリケーションです。

MWCでは、バルセロナ市内に見立てたデモスペースでサグラダ・ファミリアなどの観光名所の情報をスマートフォンと『SmartEyeglass Developer Edition』に表示するデモを行い、来場者に観光施設の新たな楽しみ方を体験していただきました。

ユークリッドラボでは、『Spotpedia』を使った店舗や商業施設内にいる人に対する「オススメ情報」の配信、遊園地・スタジアム・コンサート会場などにいる人への情報配信や利用者同士のコミュニケーション、美術館や博物館での展示物のガイド、電車やバスの中にいる人への情報配信などを想定しており、配信される情報は配信者側(店舗運営者など)でいつでも自由に変更することができるため、リアルタイムに利用者に情報提供ができる。さらに、ユークリッドラボでは積極的にAPIの公開を予定しており、店舗運営者等が独自で提供しているアプリに『Spotpedia』の技術を組み込むことも可能です。


『Spotpedia』が提供する技術
・特定のエリア内、施設内にいる利用者に対するプッシュ型情報配信
・特定の商品や展示物周辺にいる利用者対するプッシュ型情報配信
・エリア内、施設内にいる利用者同士のコミュニケーション
・エリア内、施設内にいる利用者に対するアンケートの依頼
・店舗内にいる利用者に向けの料金の支払等の決済システム


(*1) Mobile World Congress 2015
開催期間: 2015年3月2日~2015年3月5日
開催場所: スペイン・バルセロナ Fira Gan Via
http://www.mobileworldcongress.com/

(*2) SmartEyeglass(スマートアイグラス)とは、ユーザーの状況に応じた情報を視界に重畳表示するソニーが開発中の透過式メガネ型端末です。開発者に向けて、『SmartEyeglass Developer Edition』を3月に販売開始します。

Spotpediaに関する情報
http://www.euclidlabs.net/spotpedia.html

SmartEyeglassに関する情報:“Sony Developer World” SmartEyeglass専用ページ
http://developer.sonymobile.com/ja/smarteyeglass/


【本件に関するお問い合わせ】
ユークリッドラボ株式会社
Email: contact-pr@euclidlabs.net
URL: http://www.euclidlabs.net

外部リンク

店舗内にいる人などに情報をプッシュ通知するアプリ『Spotpedia』

http://www.dreamnews.jp/press/0000108830/

ドリームニュース