メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

ボシュロム・ジャパン、「目の愛護デー」宣伝部長に濱田龍臣さん アイケアの重要性について情報発信

ボシュロム・ジャパン、「目の愛護デー」宣伝部長に濱田龍臣さん
ボシュロム・ジャパン、「目の愛護デー」宣伝部長に濱田龍臣さん

コンタクトレンズをはじめとするアイケア製品の総合メーカー  ボシュロムの日本法人であるボシュロム・ジャパン株式会社は、10月10日の「目の愛護デー」を前に、濱田龍臣さんをゲストに迎え、「ボシュロム 目の愛護デー宣伝部長 就任式」を10月8日に開催しました。

このページをはてなブックマークに追加


ボシュロム・ジャパン、「目の愛護デー」宣伝部長に濱田龍臣さん
アイケアの重要性について情報発信

コンタクトレンズをはじめとするアイケア製品の総合メーカー  ボシュロムの日本法人であるボシュロム・ジャパン株式会社(東京都品川区 代表取締役社長 足利英幸、以下ボシュロム・ジャパン)は、10月10日の「目の愛護デー」を前に、濱田龍臣さんをゲストに迎え、「ボシュロム 目の愛護デー宣伝部長 就任式」を10月8日に開催しました。

就任式では、当社代表取締役社長 足利より、宣伝部長に就任した濱田さんに、顔写真付きの特大名刺とタスキを贈呈しました。濱田さんは「こうした役に任命されるのは初めてです。宣伝部長に選ばれたことをとてもうれしく思います。みんながもっと目のことを大切に思い、目の健康をケアしてもらえるように、宣伝部長として精一杯がんばりたい」とコメントしました。

続いて、濱田さんは、宣伝部長への就任を機に、目の健康についてより理解を深めてもらうために、みさき眼科クリニック院長の石岡みさき先生によるセミナー「目の一生 Quality of Vision を保つために」を受講しました。また、セミナー後には、眼病にご利益があるといわれる茶ノ木稲荷神社で有名な、市谷亀岡八幡宮の神主を迎え、「目の健康祈願祭」を執り行い、濱田さんが名入れをした巨大絵馬を奉納しました。

イベント終了後、濱田さんは「タスキをかけてもらってから、宣伝部長としての実感がわいてきました。セミナーでは、一生を通じて目のケアが重要であることを知り、とても勉強になりました。今日学んだことを、同年代の友人だけでなく、両親にも伝え、目にやさしくすることの大切さをPRしていきたい」と、目の愛護デー宣伝部長としてアイケアの啓発活動に取り組んでいくことを誓いました。

ボシュロム(Bausch + Lomb)について
ボシュロムは、バリアント ファーマシューティカル インターナショナル社のグループ会社の一つであり、人々の視力の維持、改善、回復のための製品を提供する、アイヘルス分野におけるグローバル企業です。眼科用医薬品、コンタクトレンズ、レンズケア製品、眼科用手術装置・器具を中核事業とし、世界各地に開発、生産、販売拠点を置いています。取扱製品数は業界有数であり、製品の販売国は100ヵ国以上におよびます。


<報道関係者問い合わせ先>
ボシュロム・ジャパン株式会社
広報部 朝比奈 真美 TEL:03-5763-3431
Pr-jp@bausch.com

[外部リンク]

ボシュロム・ジャパン株式会社のプレスリリース

http://www.value-press.com/pressrelease/116884

ValuePress!