メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

TVを見ているだけで視力トレーニングができる?!子どもが自ら進んで1人でできるトレーニングツール【ホームワック】は、親にとってはまさに夢のよう!目の愛護デー賛同企画でそのすごさをレンタルで体験しては?

1人でできるトレーニングツール【ホームワック】
1人でできるトレーニングツール【ホームワック】

一般的に、視力トレーニングに親のサポートは欠かせないため、続けることが大変になりやすい。そんな中、親が言わなくても子供が勝手にやるという、視力ト レーニングの常識をくつがえした新発想ツールが【ホームワック】!好きなTV番組を見るだけという点と、ツールを使ったほうがTVが見やすいという2点に 秘密が。部活や塾で忙しい小中高生の視力トレーニングに最適!合言葉は『楽しくなければ視力トレーニングじゃない!』

このページをはてなブックマークに追加


(以下、ニュースリリースより)

眼育総研は、10月10日の「目の愛護デー」の趣旨に賛同し、覗いてTVを見るだけで視力トレーニングができるツール
【ホームワック】(http://www.homewac.com/)を、現状の1週間レンタルに加えて、3週間レンタルできる制度をスタートしましたことをお知らせいたします。
★【ホームワック】 3週間レンタル詳細ページ ⇒ http://www.homewac.com/?mode=f11

 

【ホームワック】がすごい理由

●近視が60年前の5倍に増えた理由
10月10日は「目の愛護デー」。目を大切に思い、いたわってあげる日です。
でも、目を大切にするって具体的にはどうすればいいのでしょう。

 

現代社会にはスマホにケータイ、ゲームにPC…目を酷使するものが、身近に溢れるようになってきました。
近くのものを凝視しなければならない環境が続くと、目の筋肉はどんどん凝り固まるばかり。
結果として、遠くのものにピントが合わせられない「近視」の原因となります。

近視が、目のピント調整を司る筋肉が固まることから始まるとすると、反対に、緩める機会を増やしてあげることが、
近視予防のためには、とても効果的です。

 

●今までの視力トレーニングの最大の問題は、親がかりでないと続けられない点!
しかし、ちまたに視力訓練法といえば数こそあれど、子供だけではできないものが多く、親がかりでやらなければならないから、
続けるのがとても大変・・・。

でも、もし、子供が一人で自分から進んで視力トレーニングをしてくれるとしたら?!
そんな夢のような方法が…実はあるんです!

【ホームワック】は、これまでの視力訓練の常識を打ち破った、まさに新発想の視力トレーニングツールです。

 

●子どもが一人ででき、喜んで自ら進んで使う【ホームワック】
【ホームワック】は、双眼鏡のような形で、一日たった20分間、いつも見ている好きなテレビ番組をそれを通して見るだけで、
目の筋肉をほぐす運動が自動的にできるという、超便利なツール!

「ピントが外部から合わせられる状態」と「自力でピントを合わせなければならない状態」が交互に繰り返されるので、
目の状態が改善される視力トレーニングを意識せずに行うことができます。
子供がやる場合も、お家の方のお手伝いは、一切いりません。

また、近視の始まった子どもにとっては、【ホームワック】を通してTVを見た方が、
裸眼で見るよりもTVがクリアに見えるという秘密があります。
そのため、視力トレーニングしたいからという理由よりは、TVをもっとよく見たいという理由で、
お子様は自ら進んで【ホームワック】を使うようになります。


●メガネをかけ始めた人だって、視力トレーニングができる【ホームワック】
メガネをかけた見え方に慣れてくると、裸眼で見る機会が少なくなっていきます。
メガネをかけている人でも、メガネをはずした状態(裸眼)で【ホームワック】を通してTVを見ることにより、
同じようにトレーニングを行うことができます。


●「目の愛護デー」に賛同し、3週間レンタル開始!

【ホームワック】のすごさは、実際に使っていただくとよくわかります。
この度眼育総研は、目の愛護デーに賛同し、従来の1週間レンタルに加え、3週間レンタルも開始しました。
ただし、レンタル用は数に限りがございます。

★詳しくは、こちらからご覧下さい。 ⇒ http://www.homewac.com/?mode=f11


●20歳での視力は、一生の財産
成長期は、近視が最も進みやすい時期であることが、知られています。
20歳までメガネなしで生活できる視力を維持できたら、それは「一生の財産」です。

それでも、親も子も手間がかかるトレーニングは、どうしても長く続けることが難しくなります。
でしたら、どんなに忙しい子供でも持っているだろうTVの視聴時間を使って、しかも自分からやりたくなるような
視力トレーニングを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?
(効果には個人差がございます)


この「目の愛護デー」は、視力について今一度見直すチャンスにしたいですね。



------------------------------------------------------------- 
この件に関するお問い合わせ
眼育総研(めいくそうけん) /運営:有限会社ドリームチーム
広報担当:南條敦子(なんじょうあつこ)/増田亜美(ますだあみ)
横浜市青葉区田奈町43-3-2F
Tel.045-988-5124 Fax.045-988-5304
info@469up.com
http://www.homewac.com/
------------------------------------------------------------

 

[外部リンク]

有限会社ドリームチームのニュースリリースよ

http://www.dreamnews.jp/press/0000081812/

ドリームニュース