メガネ・サングラス・コンタクトレンズ総合情報サイト|milumo Biz|眼鏡・コンタクトレンズ他、ビジョンケア情報が満載!

眼鏡市場オリジナルフレーム ZEROGRA(ゼログラ) 3年連続グッドデザイン賞受賞!

ZEROGRA(ゼログラ)
ZEROGRA(ゼログラ)

株式会社メガネトップ(本社:静岡市葵区、社長:冨澤昌宏)が展開する眼鏡市場は、同社が開発・販売を行っているオリジナルメガネフレーム 「ZEROGRA(ゼログラ)」で、財団法人日本産業デザイン振興会主催の2013年度「グッドデザイン賞(Gマーク)」を受賞いたしました。 「ZEROGRA(ゼログラ)」シリーズは、2011年度より3年連続のグッドデザイン賞受賞となります。

このページをはてなブックマークに追加


(以下、ニュースリリースより)

 

≪GOOD DESIGN AWARD 2013≫
ZEG-021「匠(たくみ)」  重量:4.4g

【評価コメント】
一枚の板材から抜き取ってフレーム全体を作るというアイデアは明快で、板材のバネを使って頭部をホールドするという素直な構造と合理的に組み合わせている 点がユニークである。スタイリングに関しても素直にまとまっているが、今後は細やかなカーブなどへのこだわりを求めて、更なる美しさの追求を期待したい。

 

≪過去のグッドデザイン賞 受賞モデル≫
■2011年度 グッドデザイン賞 受賞モデル
ZEG-008「華(はな)」  重量:3.7g

【評価コメント】
軽量、復元弾力、耐久性などで定評のあるβチタン採用のメガネフレームは、市場には存在したが、海外製品が多く価格も高価であった。本対象は、ジャパンテ クノロジーの具現化を開発コンセプトに、低価格化とフレーム重量3.7g(最軽量モデルのみ)の両立を実現している点が評価された。

■2012年度 グッドデザイン賞 受賞モデル
ZEG-013「真(しん)」  重量:4.5g  

【評価コメント】
とにかく、簡潔である。お洒落というよりも潔さを評価したい。軽量であることをコンセプトとしたシリーズであるが、一枚の極薄チタンプレートからレーザー カットした本体のみで基本構造を作り上げている。頭部との接触面は、湾曲の度合いをその形状から計算し、周到なかけ心地を実現した。チタンの金属蒸着のみ の表面処理など接着部への配慮も行き届いている。

 

<ZEG-021「匠(たくみ)」商品特徴>
【一枚の極薄チタンプレートを切り出したフレーム】
ZEG-021「匠(たくみ)」のメガネフレームは、一枚の極薄チタンプレート(フレックスβチタン)から特殊なレーザーカッティングによって切り出されています。

【鯖江が生んだこだわりのデザイン】
鯖江が誇る高度な技術により、極薄のチタンプレート(フレックスβチタン)を折り紙のように折り込み、レンズが宙に浮いているような立体的なデザインを実現しました。

【かけ心地と丈夫さを両立した特殊なフォルム】
一箇所のロウ付けもなく、一本のネジも使用せず、メガネの破損の原因となる部分を排除することで、シンプルなフォルムと丈夫なフレームに仕上げました。
フロントからテンプルまでが一体となった曲線的なフレーム形状により、頭部を優しく包み込むようなフィット感を実現しています。

【チタン素材を活かしたフレームカラー】
一切の塗装処理を行わず、あえて素材の美しさを残しています。チタン材そのままの色と質感を感じられるこだわりのカラーです。
特殊な加工技術により、金属皮膜のみをチタン材に真空蒸着させました。メタリックな質感を活かしたカラーに仕上げています。

 

<商品概要>

  • 【商品名】  :『ZEROGRA(ゼログラ)』
  • 【販売価格】 :ZEG-021:レンズ付きメガネ一式価格 25,200円(税込)
            ※超薄型非球面レンズでも、超薄型遠近両用レンズでも追加料金なし
  • 【発売場所】 :全国815店舗の眼鏡市場(※2013年9月30日時点)
  • 【特設サイト】:http://www.meganeichiba.jp/brand/zerogra/


<参考資料>
グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は39,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞です。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

〔外部リンク〕

株式会社メガネトップのプレスリリース(2013年10月1日)

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000000509.html

PR TIMES